*

日野美歌の夫をいつか!あなたと生きたいを独身女性が関ジャニの仕分け∞で?

公開日: : 最終更新日:2015/02/25 演歌歌手

日野美歌の夫をいつか!あなたと生きたいを独身女性が関ジャニの仕分け∞で?

日野美歌(ひのみか)生年月日 1962年12月21日

出生地 神奈川県

日野美歌

スポンサードリンク

演歌歌手と知られる彼女ですが、作詞や作曲も手がけているようです。

現在は、自分で設立した事務所で活動し、

所属レコード会社も自分で設立した凄腕の日野美歌さんですね。

 

中学1年の時に日本テレビのオーディション番組「スター誕生」に出場したのですが

不合格したようです。

その後も、夢をあきらめず1982年にデビューを果たしたようです。

 

有名な曲に「飲ませてください~♪♪」の「氷雨」と

葵司朗さんとのデュエット曲「男と女のラブゲーム」がありますね。

「氷雨」では大ヒットし紅白初出場しています。

私も小さいころに父の車で流れていたのでよく歌っていましたので、

にじみのある歌になります。

 

 

歌手だけでなくドラマ「金田一少年の事件簿」や映画

「お墓に泊まろう」にも出演しているようですね。

 

 

さて、その「氷雨」ですが問題です。

氷雨

この曲もう一人歌っている人がいてその人は「佳山明生」さんといいます。

佳山明生

当時、2人が歌う「氷雨」は互いに人気がありオリコンランキングトップ10に入るほどだったそうです。

 

何故、2人が同じ時期に同じ歌を歌うことになったかというと

当時古賀政男さんの門下生だった佳山さんが発売したデビュー曲で

本人気に入っていたのでずっと歌っていたのですが売れいままで

そのうち、作詞作曲した方が女性の気持ちを歌っている曲なので

スポンサードリンク

女性に歌って欲しいということで日野さんの所属している「チイテク」に売ってしまったからなんとか。

 

日野さんがテレビで歌ってから爆発的に売れて、おいしいところを持っていかれた佳山さんは恨んでいるそうです。

 

紅白出場までのレコード売り上げは日野さんが50万枚以上で

佳山さんが80万枚以上だったのに

紅白出場したのは日野さだったようですね。

 

それはやっぱり恨むでしょうね。

 

 

こんな話のある中、結構いいお歳の彼女ですが

結婚してがいるの?ってところが気になりますが独身のようです。

独身生活が長いのでもう結婚はしないのでしょうか。

以前、夫という動画が出回ったようですがこちらはデマだったようです。

 

彼女が最近出した曲に「あなたと生きたい」があります。

とてもいい歌詞で、心に響きますし共感できます。

演歌なのに興味を持ってしいました。

女心がよく表現されていてすごく納得です。

 

性格はよくわかりませんがテレビで見る限りさばさばしていて男勝りな印象です。

そんな彼女がしっとり女心を歌うギャップもまた魅力だと思います。

 

その他アニメの「暴れん坊力士!!松太郎」では松平健さんと一緒に初のアニメ主題歌歌っているそうです。

 

 

そんな彼女が、関ジャニの仕分け∞のカラオケ対決で

さくらまやさんとまた対決しましたね。

この対決は過去にもありその時の結果はすみませんがちょっと忘れてしましました。

 

持ち歌「氷雨」を歌い残念ながらまやさんに負けてしましました。

よくこの番組はみますがとにかく最近の子供は歌がうまい。

もちろん、日野さんも実力歌手ですから今後もっと活躍していってほしいものです。

 

今回も2015年1月31日(土)  19時54分~20時54分  の放送内容

次世代を担うイケメン歌手軍VS紅白出場大御所歌手軍…

日本中のおば様たちを熱狂させる若手演歌・歌謡曲歌手が下剋上を狙ってカラオケ得点対決に参戦!

迎え撃つのはジュディ・オングをはじめとした紅白出場歌手たち。

大御所たちを打ち破る番狂わせなるか!?

と番組内容にありますので、日野さんの歌声を聞けますね♪

スポンサードリンク

関連記事

三笠優子

三笠優子うつ病で苦しみ夫の悲しみを爆発!THEフライデーで子供との関係は?

三笠優子(みかさゆうこ) 生年月日 1949年3月10日 出身地 愛媛県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑